anioさんのブログ

「十二大戦」をアニメを見始めたおっさんが見てみた!【感想・評価★★★☆☆]】

今回見たアニメは「十二大戦」。

f:id:aniosan:20180102201022j:plain

西尾維新 原作のアニメ。

2017年の作品で全12話。

かなり好きな西尾維新 さんの作品。

と言っても「刀語」がとてつもなく好きなだけなんですけどね(笑)

この作品も癖のあるストーリーで面白かったです。

映像もキレイだし中々良いアニメだと思います!

主題歌もDo As Infinityが担当しているのも良かった。

評価:★★★☆☆

十二大戦 (JUMP j BOOKS)

十二大戦 (JUMP j BOOKS)

内容紹介

十二年に一度行われる、十二支の名を冠した戦士達の戦い―その名は『十二大戦』。その死闘に勝利した者は、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。殺し殺される戦士達の物語。 引用:十二大戦 (JUMP j BOOKS)

主人公はいない

十二大戦は十二支の12人が戦い合う物語。

12人がいるんだけど主人公はいません。

1話目は亥の話が進んで「このキャラが主人公なのかな」と思ったら全然違った。

その後も様々なキャラの話に進んでは戦う。

このアニメは主人公はいなくて、ある意味全員主人公でもあります。

それぞれの今までの生活・想い、十二大戦にかける思い・考えなどがしっかり書かれていて面白いなと思いました。

よく出来てます。

最後まで展開が読めない

最後まで誰が勝利するかわからないというのがとても良かった。 途中途中で「コイツが勝利か?」とか思うんだけど、戦いで死んだり。

最有力キャラも思いもよらない形で別のポジションに移動してしまったり。

最後の最後まで誰が勝利するか分からないのも十二大戦の特徴だと思う。

叶えたい願い

「勝者はどんな願いも叶えられる」

この結末は賛否両論ありそう。

なんだよそれw」って声も多そう。

個人的には結構好きだけど、スッキリしづらい終わり方でもあったかも。

でも、実際あなたが「どんな願いも1つだけ叶えてあげるよ」と言われたらどんなお願いをしますか?
結構考えちゃうよね(笑)

勝者の能力が強すぎる・・・だけど披露するタイミングが完璧!

十二支の全員が何かしらの特徴・特技を持っています。

勝者の能力は最終話で語られるんだけど、ちょっと強すぎる気がした(笑)

これがあれば死ぬことはほぼなさそうだし、勝利の道を探しやすい。

便利な特技だけど、ちょっとやり過ぎかも。

でも!!!

能力の説明が最終話というのが完璧!

「なんでこのキャラ生き残ってるんだ?」
「なんで勝てたんだ?」

という疑問が地味にみんな思わせられる話の構成なんです。

運が良いとかたまたまに見える出現や勝利が、実はすさまじい能力のおかげっていう。
それが最後の最後に語られる。

強すぎる能力だから、あのタイミングでの披露がベストだったんだなと今なら思えます。

早めに能力を説明していたら「コイツ優勝するやろ」て思わずにはいられないし、もしくは作品から消えてもらうしかない。殺す手段があるのかわからないけど。

本当にタイミング完璧。

良く出来てる!

全体のストーリーは弱い

話の構築、それぞれのタイミングなど目を見張るものがあります。

さらにキャラそれぞれの話もしっかり描いていて、面白くできています。

だからこそ、全体的に薄味になってしまっているとも思います。

面白いんだけど、強烈な個性がある感じではない。

そこが弱点でもあるかなぁと。

自分の中にガッツリ残るものではないかな。

Do As Infinity / 化身の獣が良い

EDの曲が「Do As Infinity / 化身の獣

Do As Infinityだ!カッコイイ!」

化身の獣(DVD付)

化身の獣(DVD付)

作編曲が澤野弘之さん

Do As Infinityは昔とだいぶサウンドが違う。

・・・と思ったら、作編曲が澤野弘之!!

大好き過ぎる作曲家です。

Re:CREATORS

aniosan.hatenablog.com

七つの大罪

aniosan.hatenablog.com

などの音楽も担当しています。

相変わらずカッコイイ音楽を作られますね~^^

aniosan.hatenablog.com

声優さんも全員良い!

寝住 ・・・ 堀江瞬
失井 ・・・ 梅原裕一郎
妬良 ・・・ 五十嵐裕美
憂城 ・・・ 岡本信彦
断罪兄弟・兄 ・・・ 江口拓也
断罪兄弟・弟 ・・・ 鳥海浩輔
迂々真 ・・・ 緑川光
必爺 ・・・ チョー
砂粒 ・・・ 早見沙織
庭取 ・・・ 佐倉綾音
怒突 ・・・ 西村朋紘
異能肉 ・・・ 日笠陽子
ドゥデキャプル ・・・ 安元洋貴

全員安定していて安心して聞くことが出来ました。

憂城 ・・・ 岡本信彦

f:id:aniosan:20180102215602j:plain

この中で岡本信彦 さんがとても良かったです。
変態で狂った感じが良い。

岡本信彦さんって「終わりのセラフ」の早乙女 与一だったんですね!
全然違う(笑)

aniosan.hatenablog.com

コスプレもあるので是非

憂城(うさぎ)のコスプレもあるので是非(笑)

十二大戦 一話

音声が若干高くされていますね。

十二大戦 の評価 :★★★☆☆

十二大戦」のレビューでした。

西尾維新 さんならではの、ちょっと捻ってある癖のある作品。

普通に楽しめるアニメだけど、もう少し「残るもの」があれば個人的に好きでした。

勝手な推測ですが、「原作(小説)の方が面白い内容」の気がしました。
小説は読んでいないので違うかもしれないけど、なんとなく小説の方が映える作品のイメージです。

アニメはアニメで楽しかったです♪

評価:★★★☆☆

広告を非表示にする