anioさんのブログ

「いぬやしき」をアニメを見始めたおっさんが見てみた!【感想・評価★★★★☆】

今回見たアニメは「いぬやしき」。

f:id:aniosan:20180103191557j:plain

原作は 奥 浩哉のアニメ。

2017年の作品で全12話。

GANTZで有名な奥 浩哉さんの作品。

設定も面白く映像も素晴らしい。

僕の大好きなノイタミナという深夜アニメ放送枠という良い。 ノイタミナで放送されるのはかなりの確率で好きになります。

声も声優さんではなく俳優の小日向文世さん、村上虹郎さん、本郷奏多さん達を起用!

色々と良さそうな感じ・・・でしたが!

2話目の途中で見るのをやめました!

ちょいと書かせて頂きます。

評価:☆☆☆☆☆

・・・と思って書いたけど、見直しました!! 評価:★★★★☆

内容紹介

宇宙人の手によって機械の身体となった初老の男性と高校生の活躍や苦悩、救済される人々や殺害される人々を描く。 引用:いぬやしきwiki

身体が機械になってしまう設定

f:id:aniosan:20180103205504j:plain

冒頭から爆発に巻き込まれて、主人公の身体は機械になってしまう。

その機械の描写もCGもかなり良くて、驚きました。

ありそうでなかった設定で面白いです♪

メインキャストのキャラクターを俳優さんが担当

このアニメは賛否両論です。

その問題となったのが「メインキャスト声優」。

メインキャストのキャラクターを俳優さんが担当しています。

犬屋敷 壱郎 ・・・ 小日向文世

f:id:aniosan:20180103194927p:plain f:id:aniosan:20180103194939j:plain

獅子神 皓・・・ 村上虹郎

f:id:aniosan:20180103194959p:plain f:id:aniosan:20180103195005j:plain

安堂 直行・・・ 本郷奏多

f:id:aniosan:20180103195030j:plain f:id:aniosan:20180103195035j:plain

この俳優さんの起用が賛否両論を呼びました。

2話目で見るのをやめた!

1話目 犬屋敷 壱郎 登場

最初主人公のおじいさん ・・・ 犬屋敷 壱郎 登場。

喋った瞬間・・・

声、小さっ!!!

なにを喋ってるか分かりづらい><

モゴモゴ・モサモサ喋ってるし。

これ誰なんだろ!?

・・・って俳優の小日向文世 さん!!!?

この声、結構キツイなぁ・・・。。。

というのが、最初の感想。

かろうじて見ることができたので頑張ってみていました。

2話目 獅子神 皓・・・ 村上虹郎 登場

小日向文世さんを調べた時にもう一人の主人公「獅子神 皓」も俳優さんが声を担当しているのは知っていました。

小日向文世 さんの声で不安になりつつ、2話目を。

ようやくもう一人の主人公登場。

声を聴いた。

・・・

なんだこれ!!!

無理無理無理!!

聞いた瞬間、一瞬です。

この声の威力はすさまじい。

即効で見るのやめましたね。

「ちゃんとした声優使ってよ~><」

というよく聞く言葉を思った瞬間でした。

いぬやしき」と検索すると「いぬやしき 声優 下手」と予測変換されるくらい。。

再度見始めて最後まで見た

見るのをやめて他のアニメを見てる時に「いぬやしきが映画化される」というのを目にしました。

「映画かされるほど面白いのかな?」

たしかに設定は面白いしCGとかも良かった。
ちゃんと見てみよう。

その想いから再度見始めて最後まで見ました。

声は最初は拒否反応があったけど、途中から全く気にならなくなりました。

俳優と声優

なんでこんなに違和感を感じたのか少し考えてみました。

感情を表すのが上手すぎる

俳優さんは演技はプロ。
彼らを実写で見る分には文句はほとんどないと思う。

ではなぜここまで違和感があるのか?

それは俳優が感情を表現するのが上手すぎるからだと思う。

主人公二人はモソモソ喋るのが多い。

これって、声は張っていないんですよね。

声量が少ない。

でもこれは僕ら素人が小さい声でしゃべる時は同じようになるはずなんです。
また普段の声量や話し方はそこまでハキハキしていないと思うんです。

しかもキャラが初老と高校生。

ずっと声を大にして喋る設定ではない。

普通のアニメ声優さんが5~10の声量で話しているとしたら、俳優さんは1~9くらいは出せる気がする。
音量に伴う演技もしっかり出来る。

その他の面でも、普通の人間っぽいんですよね。

アニメのキャラクターだけど、視聴者と同じ人っぽさがずば抜けているんですよ。

表現する場所によって合う合わないが生じる

演技としては普通に良い。むしろ一級。

でも、今回はアニメ。

アニメだと合っていないんですよね~。

そもそも、モゴモゴ喋られる時点で「演技が上手い」とか以前に拒否反応&イライラする。
この時点でアウトー。

演技の良し悪しよりも、やはり餅は餅屋。

アニメの声優はアニメに慣れているアニメ声優さんの方が圧倒的に上手い。
聞きやすい。違和感がない。

もしかしたらアニメ声優さんも実写での俳優をしたらダメダメな人が多いかもしれない。

活躍できる場所や慣れている場所など違いますよね。

映像が人間に追いついていない

また声だけでなく、アニメーションが人間に追いついていないのも原因だと思う。

人間は話す時にとても複雑で繊細な動き方をする。

でもアニメは口だけパクパク動かしたりする。

アニメではよいけど、人間ぽいかと言われるとやはり違うんですよね。

で、小日向文世さん演技や話し方が超繊細過ぎたのが仇となってる。

アニメの映像が全く追いついていないんです。

演技が超人間的なのに、見ているキャラが全然合っていない。

この違和感もかなり大きいと思う。

・・・もちろんアニメーションは人間に近づけろとまでは思わないですけど(笑)
アニメはアニメの良さがあるし、それはそれで良い気がします。

今回はちょっとズレが生じてしまったなぁと。

声が気にならなくなればとても良い

違和感があるとは言ったけど、3~4話目からあまり気にならなくなります。

それからはとても楽しく見ることが出来ました。

「こんな声の表し方、今までアニメを見てきたけど感じたことなかったなぁ」と思った。

違和感が無ければ俳優さんはかなり強い♪

ちなみに本郷奏多さんは最初から違和感なくとても良かったです。

ストーリー

ストーリーは機械になってしまうんだけど、そこから生きる目的などを知って有効に活用したり、目的のために使ったりする。

GANTZでも感じたけど、奥 浩哉さんの描くものは人の心理の深い部分もしっかり書いてくれるんですよね。
汚い部分やグロイ部分も。

好き嫌い分かれそうだけど、こういう部分結構好きです♪

最後の締めくくりは、ちょっと安易な感じはしたけど、分かりやすく感動する話で良かった気もする。
悪くはない。

最後のシーンでの歌の入り方は完璧です^^

獅子神 皓が最後に親友の 安堂 直行 の部屋に来て普通に話してジャンプを読むシーンは最高でした。
アニメも声の演技も。

いぬやしきの主題歌がカッコ良過ぎる!

MAN WITH A MISSION - My Hero

OPが「MAN WITH A MISSION - My Hero」。

MAN WITH A MISSION はほとんど聞いたことはないけど、これはカッコイイ。

OP映像を探したけどなかった。。 アニメとも合っていて超良いOP。

【追記】 20秒ほどの動画を発見。

My Hero/Find You(初回生産限定盤)(DVD付)

My Hero/Find You(初回生産限定盤)(DVD付)

クアイフ - 愛を教えてくれた君へ

EDは「クアイフ - 愛を教えてくれた君へ

この曲が本当に良い。
アニメとの合わさり方が超良い。

ラストのこの曲が流れた時ね。 素晴らしいです。

愛を教えてくれた君へ(期間生産限定盤)(DVD付)

愛を教えてくれた君へ(期間生産限定盤)(DVD付)

いぬやしき 一話

2話以降はAmazonで是非

いぬやしき の評価 :★★★★☆

いぬやしき」のレビューでした。

ハッキリ言って、声優さんの"最初"で損をしているアニメです。

それさえ乗り越えられれば、良作。

話の展開も締め方もCGも良い。
3~4話まで頑張ってみて欲しいです(笑)

映画もかなり楽しそう。

評価:★★★★☆

広告を非表示にする